トップページ > 山形県

    このページでは山形県の分譲マンションの無料査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「分譲マンションの無料査定ができるおすすめの不動産一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。分譲マンションの無料査定を依頼してあなたが所有しているマンションを高く売るために必要なことは、「複数の不動産会社に分譲マンションの無料査定を依頼して、その査定額を比較検討する」ということです。手間や時間を惜しんで、1社のみに査定をお願いしたり、知り合いに紹介してもらった不動産屋で査定をしてもらったりというのは確かに手間はかかりませんが、不動産業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。ですが、不動産一括査定サイトなら完全無料で入力も簡単、複数の不動産会社から提示された査定額を比較することができます。「今所有している分譲マンションの査定額を比較して高く売りたい」と思っているなら賢く活用したいサイトです。分譲マンションの無料査定から売却というのは大きな金額が動くイベントなので、できるだけ損をしないように適正価格で売却して、そのお金を将来のために有効活用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、そのサービス名から見受けられるようにマンションを専門としたマンション売却の一括査定サイト。マンションを無料査定する為に必要な入力事項もたったの45秒ほどで完了ですし、インターネットで簡単に申し込むことが出来ます。マンション査定に特化している為、マンションの売却を得意とする企業が集まっていて、大手や地域の不動産会社の700社以上もある登録企業の中から厳選した不動産会社を最大9社まで紹介して貰うことができます。利用者数も360万人を超え、数多くのメディアでも紹介されるほどの人気のサイトになっているので、「所有している分譲マンションを可能な限り高額査定して欲しい」と考えているのであれば是非利用してみてください。それと、他の査定サイトと違う部分として賃貸査定もしてもらえるので、「数年間マンションを空けるんだけど、いづれは戻ってくるので売却したくない」と考えている場合にもおすすめです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サービスに比べて結構新しい形態のサービスなのですが、提携している不動産会社数が1500社以上ととても多いのが売りです。さらに、分譲マンションの無料査定で実際に使った利用者の方から苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解約することができるようになっている為、評判の良くない不動産会社を排除でき、優良な不動産会社だけを残していけるシステムになっています。大手から地場に強い不動産会社まで幅広く加入しているので、「自分が所有している分譲マンションを無料で査定して、その査定額を比較したい」と考えているのならおすすめの一括査定サービスサイトです。入力も60秒ほどで査定を依頼できるくらい簡素化されていて、最大6社に査定依頼ができ査定価格を比較することが可能なのです。もちろん、全国に対応しており無料で利用できます。今勢いのあるサービスなので、徐々にユーザーが増えていくと思われます。






    イエイ

     イエイは、サイト開始から10年以上の運営実績があり、400万人以上の方のご利用実績のある不動産売却の無料一括査定サービス。長年の業績がある為、不動産会社の登録社数も1000社以上と非常に多く、最大6社までを選択し分譲マンションの査定価格を比較することができます。もちろん、ブラック企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で作られたネットワークを利用し、厳選された評判の良い不動産会社だけを登録しているのです。主要な大手の不動産会社はもちろん、地域密着型の不動産会社にも分譲マンションを無料査定して貰うことができるので、分譲マンションの市場価格を知っておくためには利用する価値のあるサイトです。公式サイトには実際に分譲マンションを高く売ることができた利用者の声と査定価格も開示されていますので是非ご覧になってみて下さい。






    リビンマッチ

     リビンマッチは、サービス開始から10年以上運営されている不動産売却の一括査定サイト。個人情報の取り扱いにも注力していて、プライバシーマークの認定を受けている企業なので安心です。利用者の数も440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社の中から最大6社に分譲マンションの無料査定を依頼することができます。「分譲マンションの売却は各会社で何百万円もの差があるって聞いたから損をするのは避けたい」という思いがあるのなら、一つの不動産会社だけでなく多くの不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを活かしてください。公式ホームページでは45秒ほどの簡単入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比べられるのでおすすめのサイトです。リビンマッチのサービスを利用して不動産会社と契約した後に、ちょっとした電話取材に協力すると5千円分のギフトカードが貰えるキャンペーンを実施しています。






    スモーラ

     スモーラは、日本全国のマンションや一戸建て、土地の相場が今すぐチェックできる分譲マンション売却のための一括査定サイト。分譲マンションの現在の売出価格を過去の膨大な取引事例から独自の計算ロジックで算出します。提携している不動産業者は全国にある評価の高い2500店舗を厳選し、売買で6社、賃貸で3社の最大9社から分譲マンションの査定額を出してもらえます。当然、全国対応で利用は無料。分譲マンションの無料査定を依頼する方法もかんたんで、査定してもらいたい分譲マンションの情報と連絡先を入力する45秒無料査定なので、「ライフスタイルが変わったから分譲マンションの売却を検討しているけど、どこの不動産会社に依頼すればいいのか正直分からないんだよな…。」と感じているならぜひ利用してみてください。スモーラの公式サイトでは、実際に分譲マンションの売却に成功した「この金額で売れました!」という成約事例が掲載されていますので、少しだけチェックしてみてはいかがでしょうか。






    不動産売却コラム

    土地の急激な値上がりさえなければ、新築物件の場合は2、3年程度の築浅を境に最初の10年までは価格が段階的に下落していきます。

    そして築11年、12年、13年となると、今度は値段がそんなに変わらないのです。

    また、軽減税率や居宅の買換え特例を適用する条件は、10年超にわたり所有していることですし、買い替え、売却等を予定しているのであれば、取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であるといえます。

    価格の下落は15年目から再び始まるからです。

    債務の担保になっている不動産物件の売却はできるのでしょうか。

    結論から言うと、そのままでも取引(売買や所有者移転登記)は可能です。

    とはいっても、抵当権を設定する原因となった借入を行った方が借金の返済を滞りなく終わらせてくれなければ、抵当権が設定されている部分はそっくり競売に出され、他人の手に渡るばかりか、担保つき物件を買った人には一銭も入りません。

    単純に言うと、抵当に入った家というのは危険要素が満載ですから、売ろうにも売れないというのが現実です。

    住宅を売って得たお金には所得税などの税金はかかるものでしょうか。

    簡単にいうと「課税される」が正解です。

    しかし非課税になる場合も多いです。

    買った金額より高値で家を売却できた場合は所得税が課税され、売値がもとの買値を下回れば損失となり、所得税の納税はしなくて済みます。

    ただ、もし高く売れたとしても控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、確定申告(分離課税分)をすれば、嬉しいことに所得税は0円で済みます。

    売却時の領収書一式も必要ですから大事にとっておきましょう。

    一般的に、不動産物件の売却をする時には、高い査定を出す業者と契約したいものだと思います。

    同じ査定方法でも、業者が違えば査定結果が数百万円違うということもよくあるのです。

    そのため、十分に業者選びの時間を取れるか否かが決定的な重要度を持っていると言えるでしょう。

    こんな時に使いたいのが一括査定でしょう。

    依頼すれば、複数の不動産仲介業者が査定を出してくれます。

    そのため、数ある業者の中でも高い見積もりを出してくれた仲介業者を知れますし、物件の相場も分かるのでおススメです。

    意外と忘れている方が多いのですが、不動産の評価額の説明を受ける際は査定金額のみならず、諸経費等を引いた手取り額はどれだけあるのか、きちんと明らかにしておくことです。

    売却に伴う諸々の支出は、法律で決められた額の仲介手数料や、証明書類の作成費、印紙税があり、翌年には所得税と譲渡所得税と住民税の支払いがあります。

    非課税となる場合もあれば大きく課税される場合もありますし、分からないことがあったら専門家である税理士に教えてもらうか、でなければ仲介業者が来る日に同席可能かどうかあらかじめ確認してみるといいでしょう。

    一軒家を売って得た代金から、売却にかかった経費やら購入費やらを引いて、残ったものが譲渡所得です。

    このお金は譲渡所得税という税金の課税対象なのです。

    課税税率は、物件を所有していた期間の長さで変わります。

    短期譲渡(5年以下の所有)と5年以上の長期譲渡とを比較すると税率が低いのは長期譲渡の方です。

    しかし、物件が良い値段で売れるとは限らないのがこの世の常です。

    譲渡所得が譲渡損失が出てしまった場合、長期譲渡の場合だけですが、その損失の損益通算と繰越控除の特例が適用されるでしょう。

    3000万円以下で不動産物件を売却した時には、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。

    なぜかというと、売却した価格のうち、3000万円までが特別控除の対象になるからなのです。

    それに、不動産物件の買い換えをして、売却価格が安すぎて売却損が出たら、他の所得も含めた上で、損益通算が適用できるので、利用しない手はないでしょう。

    しかし、残念なことに条件に当てはまる必要があり、売却した物件を継続して5年を超える年数にわたって所有していた、そして、新しく契約した住宅ローンの支払期間が10年以上のケースです。

    近年、導入されたマイナンバーの提示を要求されることが不動産物件を売却する時にあるでしょう。

    ただ、それは売主が一個人で、なおかつ、買う側は個人ではなく、法人であるといった条件が当てはまる時です。

    さらに、その場合でも例外があります。

    売却の金額が100万円以下の場合、マイナンバーの提示は必要ないとされています。

    買主となる法人がマイナンバーの提示を求める場合があるのは、税務署に出さなくてはいけない書類にマイナンバーを書くという決まりがあるために、売り主側がマイナンバーを提示しなければなりません。

    自宅となっている物件を売却して同時に新居も購入し住み替えたいというのもありふれた事例です。

    そうした時は、購入の前に売却を済ませることが順当なリスク管理の方法でしょう。

    たとえ契約上は売約が成立していたとしても、確かにお金が手元に入るのを見届けるまでは油断してはいけません。

    必要に迫られた時に支払うお金がないということが起こらないとも言えませんので、勝手に売却を見据えて購入に走ることは控えた方がいいでしょう。